出願、登録、管理
審判、訴訟
権利分析、技術取引
 
化学/バイオ分野
電子/IT分野
機械分野
商標/デザイン分野
 
 
Home> 業務の紹介 > 業務分野 > 審判、訴訟
 
 

技術基盤事業において、事業の成功と失敗は先端技術の開発とともに、開発した技術を適切でかつ安全に守っていくことによります。知的財産権関連紛争での敗訴は企業全体又は事業部門の存廃を決定するだけでなく、紛争過程における不適切な対処により企業の名声とイメージが大きく損なわれることもあります。

 

今日の知的財産権の紛争は韓国内での訴訟に限られず、世界各国で同時多発的に進行されることを特徴としています。このような激しい知的財産権/貿易関連紛争に適切に対処するためには、技術に対する理解と分析の専門性はもちろん、韓国内外の法令と実務に対して幅広い知識と経験を備えた専門家の助力が必要となります。「第一特許法人」はグローバル化されるクライアントのニーズに合わせて効果的でかつ多角的にクライアントに実質的な助力となる特許法律サービスを提供しています。

 

「第一特許法人」は構成員が、各技術分野で積んできた実力と蓄積した経験に基づいて専門知識を培い、各国の制度及び法理研究と新しい論理開発に努力しており、これにより韓国内はもちろん米国を初めとして世界各国における知的財産権関連の審判、訴訟及び貿易紛争で先導的な判例を導き出すなど90%を超える高い勝訴率を誇りに思っています。なお、「第一特許法人」は2013年7月、しっかりと技術的な素養を備えており、国内有数のローファームで経歴を積んだ各分野の専担弁護士で構成された第一国際法律事務所との更なる提携を結んだことにより、迅速な意思決定や緊密な協業を通じて、一層効率的かつ最適化されたサービスを提供させて頂けるようになりました。

 
知的財産権関連の紛争に関する主要業務は次のとおりです。
 
- 権利範囲分析、侵害分析、警告状発送及び答弁、仮処分申請
- 知的財産権関連審判:当事者系審判:無効、訂正無効、存続期間延長登録無効、権利範囲確認審判
- 決定系審判:訂正、取り消し審判、拒絶決定取消審判、補正却下不服審判
- 知的財産権関連訴訟:無効、権利範囲確認審決取消訴訟(特許法院)、侵害訴訟(民事、刑事)

 COPYRIGHTS(C) FIRSTLAW P.C. ALL RIGHTS RESERVED.