出願、登録、管理
審判、訴訟
権利分析、技術取引
 
化学/バイオ分野
電子/IT分野
機械分野
商標/デザイン分野
 
 
Home> 業務の紹介 > 業務分野 > 審判、訴訟
 
 

技術開発戦略を立て、紛争を予め防止し、知的財産ポートフォリオを効果的に管理するためには先行技術に対する調査と、権利の有効性、権利範囲及び侵害有無に対する分析が重要です。

 

このため「第一特許法人」は該当技術分野における専門的な知識を備えるとともに、実務、判例の動向と各国の知的財産権制度についても知識を備えた専門グループを保有しています。権利調査分析における「第一特許法人」の長所は審判、訴訟での高い勝訴率とこれに対するクライアントの信頼と満足に繋がっています。.

 

事業領域の交差と融合を特徴とする現代社会では技術移転やライセンシングの重要性が強調されます。 技術移転とライセンシングを成功させるためには、技術に関する理解が背景となるべきですが、その外にも取引の目的及び既存事業との連携性が総合的に考慮されるべきであり、外国の法制に対する理解と言語能力も要求されます。

 

常にクライアントを最優先に考え、クライアントに対する細心の配慮を背景に最高の特許法律サービスを提供しようと努力している「第一特許法人」は、その専門性と優れた能力、そしてクライアント中心の経営理念により権利調査/分析及び技術移転/ライセンシング分野でも最高の名声と信頼をいただいています。

 
権利調査、分析、評価及び技術移転、ライセンシングに関する主要業務は次のとおりです。
 
- 先行技術調査、侵害調査
- 権利範囲分析、権利の有効性分析、侵害分析
- 技術価値評価、技術移転/ライセンシング契約

 

 COPYRIGHTS(C) FIRSTLAW P.C. ALL RIGHTS RESERVED.